ここ最近、筋トレやダイエットなど様々な場面でインナーマッスルという言葉をよく耳にします。

このインナーマッスルとは表面からはほとんど見えず、また触れることのできない筋肉のことを指していますが、そのほとんどはなかなか聞き馴染みのない名称のものが多く、股関節周りにある腸腰筋、背骨周りにある横突棘筋、肩甲骨周りの肩甲下筋などがあります。

「インナーマッスルを鍛えて理想のカラダへ」、「体の内側のインナーマッスルを整えキレイなカラダづくりを」、「インナーマッスルを鍛えて動けるカラダへ」など様々な謳い文句にインナーマッスルという言葉が使われ、多くの人にとても良い印象を与え受け入れられているかと思います。

しかし実際のところ、ボディメイクやスポーツ、日々の生活で役立つカラダづくりのためには、私たちのカラダの表面近くにある「アウターマッスル」も忘れてはいけません。インナーマッスルに着目するのもいいですが、目的に合わせて効果的なトレーニングを選択していくことが大切です。